カテゴリー
経営に関すること

領収書の保存について(インボイス制度前)

経費として認められるための書類は、法人税所得税は領収書の保存義務は特に記載ありません。常識的な範囲内で自分で支払ったことが認められるもの、レシート、領収書、カードの明細書でOKです。

しかし

消費税法に記載があります。(ただしインボイス制度前の売上が1千万円未満の事業者は関係ないです。)

まとめると
・交通機関、飲食店はレシートでOK
・そもそも3万円未満は何も必要ありません。レシート程度はもらっておきましょう。
・それ以外は相手先が発行したものが必要。10万円のPC買ったら、クレジットカードの明細はダメです。
年月日、相手先、金額、内容がわかるものが必要です。3万円以上のもの購入したら領収書もらうようにしましょう。

やむを得ない事情があれば認めてもらえる。税務調査でやむを得ない事情を説明できるようにしましょう。